EATALY

0

EATALY Magazine

How to Pair Wine with Pizza:ワインとピッツァを組み合わせ方


ピッツァとワインはお互いのために作られていますが、象徴的な料理を補完できるのはボトルワインだけではありません。
ワインの専門家に相談し、これら2つのイタリアの主食を組み合わせる際に考慮すべき3つのことを絞り込みました。

1. CONSIDER THE TOPPINGS:トッピングを考えます
すべてワインにマッチするような万能なピッツァのルールはありません。代わりに、ワインとピッツァとの組み合わせにはピッツァのトッピングが大きく影響します。最初に材料と味を検討し、次にそれらを対比または補完するワインと組み合わせます。ペアリングのガイドラインは次のとおりです。
TOMATO-BASED:
マリナーラやマルゲリータのようなシンプルなトマトソースのピッツァは、ロゼワインのドライや軽めの赤ワインによく合います。
WHITE PIZZA:
トマトソースを使わないピッツァビアンカや、“ホワイトピッツァ”には、ピノグリージョ、ファランギーナ、さらにはプロセッコなどの白ワインとよく合います。
MEATY:
風味が強いことが多い肉ベースのピッツァは、バルベーラ、バルバレスコ、サンジョヴェーゼなどの柔らかくフルーティーなワインとバランスが取れています。
MUSHROOM:
土っぽさを感じさせるキノコ類を使ったピッツァは、キャンティのような風味豊かで複雑なワインによって香りがさらに引き立ちます。
CHEESE:
クアトロフォルマッジのようなチーズ主体のピッツァは、アリアニコ、カンノナウ・ディサルデーニャ、モンテプルチャーノ・ダブルッツォ、またはトスカーナのオークのサンジョヴェーゼのような強い白または大胆な赤とバランスが取れます。

2. GET BUBBLY:泡
悩ましいときは、泡を探してください。プロセッコ、ランブルスコ、ロゼ(泡)などのスパークリングワインは、生地の粉っぽさをカットし、口蓋洗浄剤として機能します。泡立つワインはさまざまなトッピングに合う傾向があるため、テーブル全体と共有するのに最適です。

3. DRINK WHAT YOU LIKE
結局のところ、ピッツァとワインを組み合わせるとき、正しい答えも間違った答えもありません。実際、多くのイタリア人はピッツァを食べることに関してはワインよりもビールやソーダを好みます。
私たちの一番のルール:あなたが好きなものを飲む!

ぜひお近くのイータリーでお気に入りのピッツァとお気に入りのワインをお楽しみください!

商品が追加されました。