新年の乾杯に最高のイタリアのスパークリングワイン、スプマンテを

良いスプマンテを選ぶのは結構大変なことです。選ぶときはしっかりと吟味しましょう。ゲストを招待して特別なメニューでおもてなしをするとき、まずは食事、その次にワインという順番で考えがちですね。それがまったく間違っているわけではありませんが、はじめから食事とワインをセットで考えるのも楽しいものです。
大晦日のディナーにぴったりのスプマンテを選ぶときには、歓迎の乾杯から始まり、それぞれの場面に合った様々なスプマンテがあると考えてください。お祝いごとの盛り上がりは乾杯にかかっています。大晦日のお祝いなら尚更ですね。まずは簡単にイタリアのスパークリングワイン、スプマンテについて簡単にご紹介します。イタリアでは発泡性ワインのことを全てスプマンテと呼びます。その殆どがシャルマー方式(タンク内二次発酵)によって造られています。

プロセッコ

イタリアのヴェネト州で作られるグレーラというブドウを使用したスプマンテです。イタリアではアペリティーボの定番で、気張らず、デイリーに飲めるワインです。

Best Italian Bollicine for special toast

フランチャコルタ

北イタリアロンバルディア州東部のフランチャコルタ地域で、フランスのシャンパンと同じ、瓶内二次発酵方式(クラッシック発酵方式)で造られるイタリアワインの中で初めて統制保証産地呼称(DOCG)を受けたワインです。

ランブルスコ

エミリア・ロマーナ州で造られる赤いスパークリングワインです。エミリア・ロマーニャ州はパルマ産の生ハムやパルミジャーノレッジャーノチーズ、バルサミコ酢でも有名な地域で、この地のものとよく合うワインとして注目を集めています。

それでは、Eatalyでスプマンテのセレクションを一緒に見ていきましょう!

Serafini & Vidotto – Bollicine di Prosecco DOC

あざやかな麦わら色で、絶え間なく泡立つワインです。豊かでフルーティーな香りが立ち、なめらかさとバランスのよさが格別です。魚介類の前菜にぴったりですが、野菜やフレッシュチーズにもよく合います。日本ではイータリーだけでの取扱いです。

Prosecco and bollicine for toasting

Ceci – To you Bolle di Lambrusco rosso

イタリア北部のエミリア・ロマーニャ(Emilia-Romagna)州で生産されるスパークリングの赤ワインで、赤紫色とワイルドベリーを思わせる香りが特徴です。一口目からなめらかで深みのある味わいのこのワインは、ほどよいバランスと新鮮さが特徴のランブルスコです。トルテッリーニやラビオリなど、肉などを詰めたパスタ類にぴったりです。

Contratto – Millesimato Spumante Pas Dosé

8月下旬に収穫されたブドウを使った、桃、柑橘類、蜂蜜、ヘーゼルナッツなどを思わせる香りが特徴の白スプマンテです。です。食前酒としても、あるいは魚介や前菜、白身肉などと合わせてもよく、歓迎の乾杯をするにはこの上なくぴったりな一品です。Contatto Millesimato Spumante PasDoséはEatalyでは12月に登場した新商品です。今すぐお試しください!

Best Bollicine Italiane

Ca’ del Bosco – Franciacorta Brut Cuvée Prestige

フランチャコルタのエッセンスをカ・デル・ボスコのスタイルで。このキュヴェ・プレステージは、ロンバルド・ワイナリーの30年にわたる経験と知識をもとに、2007年に生まれました。名前が示すとおり、カ・デル・ボスコは最高の年のリザーブワインで作られたキュヴェです。クラシックで、バランスがよく、新鮮で驚くほど酸味のあるフランチャコルタのスパークリングワイン。どんな場面にもぴったりです。

新年はワインで乾杯してみませんか。?Eatalyにお越しいただき、イタリアのスプマンテの世界をご堪能ください。