フォンタナフレッダのご賞味を

「ワインの王様」であるバローロの有名な生産者であるフォンタナフレッダは、当初から高貴ワイナリーでした。1858年にエマヌエーレ・アルベルト・ディ・ミラフィオーリ伯爵によって、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世王の狩猟地に設立されました。イタリア初代国王、エマヌエーレは、その勇気と、ワインへの愛着で知られていました。

150年以上経った今日、土地の尊重、ぶどう栽培の伝統への情熱、革新的な技術の活用により、農園は最高級のワインを生産し続けています。ピエモンテ州北部の丘陵地帯、ランゲの中心に位置するフォンタナフレッダは、セッラルンガ・ダルバ、バローロ、ディアーノ・ダルバの各村の250エーカーの険しい地形に広がっています。

フォンタナフレッダの土地は白亜質土壌の傾向があり、ブドウの酸性度を保持するのに役立っています。数フィート以内の土壌は、砂の含有量が多い緩いものから、固くてシルトや粘土が豊富なものまでさまざまです。この多様性により、これらの丘に植えられたブドウのさまざまな特徴が生まれています。

フォンタナフレッダ・ブランドのワインの生産には、フォンタナフレッダの地で栽培されている認証された起源のブドウのみが使用されます。この地のすべてのブドウ園は、化学物質を使用せずに栽培されています。施設は、オーガニック認定を目指し、現地の多様な動植物の安全で持続可能な避難所となるために現在転換中です。

ブドウが収穫された後、フォンタナフレッダのセラーでワイン製造プロセスがはじまります。レンガ造りの高い天井の下には、19世紀の貫禄のあるセラーに収められたオーク樽とスチール製の大樽があり、高貴な赤ワインを熟成させる一方、新しい建物には、白ワインとスパークリングワインの特徴を最大限に引き出すために今日不可欠なすべての技術が備わっています。アイデンティティや起源などの価値の保護を優先したこのような熟練した手順により、スティルワインとスパークリングワインというフォンタナフレッダの2つの「魂」の調和した共存が可能となっています。

EATALYでフォンタナフレッダのプレミアムワインをご賞味ください!