フランチャコルタ:世界中で高く評価されるイタリアのワイン

フランチャコルタは、ワインの銘柄であるとともに、DOCGワインが生産される地域全体の名前でもあります。「Franzacurta」という名前が初めて登場したのは1277年まで遡り、ブレシア市でのことでした。この地では、コルティ・フランシュの地域が免税地域とされていました。ロンバルドの中心地へのワイン供給地としてとても重要な地域でした。

フランチャコルタ:ワインの起源

1961年に初めての本物のフランチャコルタが生産されました。伝統製法(シャンパンメソッド)で作られたワインです。実際には以前から、この地域ではいつでもワインが生産されてきました。その昔、この地域のワインは今日のものとは非常に異なる強い特徴を持つものでした。この地域でスパークリングワインが最初に生産された証拠が見られるのは1500年代のもので、今日のワインの基礎となっています。1990年、フランチャコルタワインを保護するために、自発的にコンソルツィオ(保護協会)が設立されました。今日では、フランチャコルタという名前は、伝統製法のスパークリングワインのことを指し、その作り出される土地の素晴らしさを象徴するイタリアの誇りなのです。

生産方法:

シャルドネ、ピノ・ネロ、エルバマ、ピノ・ビアンコのぶどうが、8月15日のフェッラゴストの祝日と9月の第1週に手作業で収穫されます。ワインは収穫してから7ヶ月後に瓶詰めされ、酵母と砂糖が足されます。ボトルは金属キャップで締められ、水平に置かれます。これがボトル内でのゆっくりとした発酵と二酸化炭素の形成の始まりで、二酸化炭素が気泡を作り出します。

どんな食事と合わうのでしょうか?

一般的に、フランチャコルタは前菜からメインコースまですべての料理に合わせることができる、食事と一緒に味わうワインです。魚のメインコースや、歯ごたえのある野菜料理にぴったりです。デザートに合わせるのもお勧めです。特にフランチャコルタ・デミセックが良く合います。

EATALYでフランチャコルタのセレクションをぜひご覧ください!