ロゼワインとパルマハム:アペリティーヴォ 

伝統的な習慣であるアペリティーヴォは、北部から南部まで、イタリアのどこであっても欠かすことのできないものです。その起源は古く、年月とともに大きく変化してきました。しかし時代を超えた逸品であると誰もがうなずくのは、地方産の塩漬け肉とチーズの盛り合わせ、そして上質なグラスワインです。イタリアには昔から地方それぞれの塩漬け肉やワインがありたくさんのバラエティーの中から選べます。今日はその中から2つをご紹介しましょう。

ヴァルテネージ・リヴィエーラ・デル・ガルダ・クラシコ・キアレットPDOロゼワイン

リヴィエーラ・デル・ガルダ・クラシコ・キアレットPDOまたは略してヴァルテネージ・キアレットは、ガルダ湖地域の最も典型的なワインの1つであり、この地域を代表するものです。ヴァルテネージ産の黒ブドウであるグロッペーロ、バルベラ、マルゼミーノ、サンジョヴェーゼ品種をで混ぜ合わせて生産した上質なワインです。 ガルダ湖とブレーシア県のモレーンの丘の間にあるこの地域一帯は、何よりもワインの生産と、湖と丘陵の景観の美しさで有名です。ヴァルテネージ・キアレットの生産のために、最高のブドウの木から最も熟したブドウが選別されます。熟練したワイン生産者が、情熱をこめて収穫から生産までの各段階の管理を行っています。

Rosè wine and Parma ham matching

ロゼワインはどのようにして生産されるのでしょうか?

イタリアでは法律で禁止されているにも関わらず、ロゼワインは白ワインと赤ワインを混ぜて作られると多くの人が信じており、これがロゼワインの評判を落とす原因の1つとされています。軽くあしらわれ過小評価されてはいるものの、ロゼワインにはあっと言わせる可能性が秘められています。なぜなら様々な料理と合わせやすく、フレッシュで多くの特徴が白ワインと赤ワインの間を補完するのに相応しいものであるからです。

ヴァルテネージ・キアレットの生産には赤ブドウのみが使われます。早い時期にブドウの原液から皮を取り出すことで、特徴的なピンクのバラの花びらの色が得られます。上品でフレッシュですが、フローラルでフルーティー、ちょっぴりアーモンドをも思わせる、しっかりとした香りです。その特徴である柔らかく調和のとれた上品な味わいは、ヴァルテネージのモレーン土壌特有の塩分がもたらしています。

ロゼワインと合う食材は? パルマハムを試してみましょう。

このワインと合うでしょうか?魚や白身の肉料理と非常に合わせやすいワインですが、そのフレッシュさと風味により、食前酒に特に適しています。ヴァルテネージ・リヴィエーラ・デル・ガルダ・クラシコ・キアレットPDOロゼワインと、エリ プロッシューティ(Eli Prosciutti)のパルマハムの取り合わせがお勧めです。エミリア産の高級塩漬け肉は、どこまでも柔らかい甘さが特徴で自然に熟成することによってそれが強められています。イタリアの美食文化を真に代表するものと言えるでしょう。オンラインショップ

また、風味の濃い シェーブルチーズもアペリティーヴォの一品に付け加えてください。これらの格別においしい2つの食材とワインのフレッシュさを合わせると、「美しい国イタリア(Bel Paese)」において、これ以上ない最高の組み合わせの一つになります。
世の中が正常に戻りましたら、ぜひ真っ先に召し上がってください。準備してお待ちしております。