南イタリアの卓越した美しさ

イタリア北部が商業およびビジネスの地として有名だとすれば、イタリア南部は工業・商業都市の暑さから逃れ、夏を満喫しにやってくる場所です。

美しい海、素晴らしいビーチ、おいしい料理、それだけではありません。南イタリアは、夏に訪れたいと誰もが思う場所です。もしどこに行くかで迷っているならば、心配は無用です。たくさんの選択肢があります!

The Isole maggiori

Isole maggioriは、イタリアの2つの大きな島であると同時にイタリアでの夏のメジャーな行き先、シチリア島とサルデーニャ島です。

シチリア島 は古代からの歴史を有する島です。この地の料理と特有の品々は、ギリシャからローマ帝国、アラブ民族による支配に続き、19世紀の宮廷貴族が受けたフランスの影響まで、多くの伝統と文化の融合によって生まれたものです。その料理習慣は、農産物をふんだんに使った料理を誇りとしています。生のままやジャムや砂糖漬けの調理法で食べられる柑橘類や果物全般。また、多くの代表的なレシピの主役である茄子やズッキーニの他、肥沃な土地で育ったアーティチョーク、野生のハーブなどもあります。興味深いことに、最も有名な生産物の1つであるIGP(特産品保護指定)を受けたパキーノのトマトは、伝統的な生産品ではなく、イスラエルからの種のセレクションとして1980年代の終わり以降に植えられた、近代の品種です。魚はシチリアの美食伝統においてもう一つの柱であり、19世紀に始まり、現在でも島に広く定着しているマグロ漁が、伝統的なものとして挙げられます。

Sicily

サルデーニャ島 は、その地理的条件と地元文化への強い愛着に由来したと思われる、非常に独自性の強い料理習慣を持つ地域です。羊のチーズの生産を中心とした酪農の伝統が真っ先に挙げられます。DOP(原産地呼称保護)指定のサルデーニャ島のペコリーノは、サルデーニャの羊の低温殺菌牛乳(1〜2ヶ月から6ヶ月以上熟成されたもの)から製造され、その製造については1700年にはすでに文書化されています。代わりにフィオーレ・サルドは、生の牛乳から製造された羊飼いが伝統的に食べているチーズで、より強くはっきりとした味わいで、通常、少なくとも4ヶ月熟成されます。パーネ・カラザウは 、小麦粉、水、塩、酵母で作られ、2回調理される島の代表的な食べ物の1つです。

豊富な選択肢

Isole Maggiori2島以外にも、夏の行き先はまだあります。南イタリアには他にもプーリアのような美しい地域が多くあります。プーリアは、タボリエレ平原とムルジェおよびサレント高原に挟まれた、地中海に面する800キロの海岸を見下ろす地方です。 トゥルッリ(伝統的なプーリアの家)と農場、肥沃な土地、そして豊かな気候から素晴らしい製品が生まれる、歴史と伝統に富んだ地方です。カラブリアとカンパニア地方は、伝統的な料理であなたを迎えてくれるでしょう。白い砂浜とナポリのような歴史的な都市に加え、料理習慣がとても特徴的です。イタリア南部の地方に、数多くのブルーフラッグビーチがあることも誇りです。これは、国際環境教育基金によって授けられる証書で、厳格な基準、品質基準、安全性、環境教育、情報に対する敬意を保証するものです。

Trulli from Apulia

まだ南イタリア旅行の計画には至りませんか?うってつけの解決策があります。EATALYで南イタリアの味をご堪能ください!