Spaghetto EATALY:シンプルたる事は容易からず

Spaghetto EATALY は、イタリア料理の伝統において、最も象徴的な料理の1つである Spaghetti al pomodoro(スパゲッティ・アル・ポモドーロ:トマトのスパゲッティ)に対するEATALY の解釈です。このファースト・コースは世界中においてイタリアを代表するものであり、イタリア料理の素朴さ、そして伝統の本質を完璧に体現する一品です。EATALYもまたイタリア食材の品質の高さ、そして素晴らしさを世界中に伝えています。だからこそ、革新そして質の高い食材を探し求めるという EATALY らしい方法をもって、私達同様に素朴で、古典的なこの一品の解釈に取り組んだのです。

食材こそが全て

当店の マニフェスト にも謳われているように、食材は料理において最も要となる要素です。Spaghetto EATALYの重要な材料の一つ、トマトソースの生産者CosìCom’è (コジコメ社)があります。彼らは、カンパニア州バッティパーリアのチレント中心部にあり、果実が完全に熟した時に収穫を行い、天然のトマト果汁を逃さぬよう、刻んだり切ったりせず、丸ごとの形で保存した、非常に美味で甘みの強い Datterini (ダッテリーニ)トマト を使用しています。

Spaghetto Eataly

重要なのはシンプルであること

このようなおいしいトマトには、ニンニクやタマネギ、調味料やスパイスなどを加える必要は一切ありません。EATALY では、それに天然塩とエクストラ・バージン・オリーブオイルを一垂らし加えるだけ。EATALY は、ソースとパスタが完璧にマッチするよう、イタリア産小麦を100%使用した、Afeltra (アフェルトラ社)のGragnano Pasta (グラニャーノ・パスタ)を選びました。グラニャーノのパスタ生産者に古くから伝わる伝統的な製法である、長時間乾燥、およびブロンズダイスによる形成がこのパスタに最高の味、また表面に特別な質感を生み出すのです。

特別なお祝いのための特別なアイデア

EATALY のコーポレート・エグゼクティブ・シェフである Enrico Panero (エンリコ・パネーロ)は、Spaghetto EATALY のアイデアは特別な方法でEATALY の10回目 の誕生日を祝いたいという願いから生まれたものだと語りました。それは、まるで Spaghetto EATALY が私たちの未来に対する解釈であるかのように、伝統と革新が織りなす調和の取れた完璧な組み合わせが成した結果でした。

Spaghetto EATALY の材料
必要な材料は次のものです

– イタリア産小麦を100%使用したアフェルトラ社のスパゲッティ

– コジコメ社の Pomodorini Datterino rosso interco in succo(ダッテリーニ赤トマトの果汁漬け)

– ROI(ロイ社)の Extra virgin olive oil Monocultivar Taggiasca (タッジャスカ種のみを使用したエキストラ・バージン・オリーブオイル)

– Mercante di Spezie(メルカンテ・ディ・スペツィエ社)のシチリア産天然塩

– 新鮮なバジル

Why is Spaghetto Eataly so special

Spaghetto EATALY のレシピ

– スパゲッティ調理用に、大きな鍋に水を入れ火にかけます。水が沸騰したら、鍋に塩をひとつまみとパスタを加えます。

– 大きなソース鍋で、新鮮なバジル、エキストラ・バージン・オリーブオイル4匙、塩を加えてトマトを味付けします。

– トマトを丁寧につぶして、数分間加熱します。

– ソースができたら、鍋にスパゲッティを入れ、パスタとソースがしっかりと絡み合うよう、丁寧にすべての材料を混ぜます。

– エキストラ・バージン・オリーブオイルを一垂らしと新鮮なバジルの葉を乗せて出来上がりです。

 

 イタリアを最も象徴する一品の秘密を手に入れた今、直にご覧になるチャンスを是非お見逃しなく!EATALYにご来店ください。