伝統的なトスカーナ料理発見の旅

トスカーナはイタリアでも最も良く知られた地域の1つであり、世界中にその特産品が知られています。この素晴らしい豊かな自然環境はアペニン山脈に始まり海岸へと続き、古代から耕作と家畜の飼育に捧げられてきた多様で肥沃な丘陵地帯を見る事ができます。

ノルシナソーセージの伝統はとても種類が豊富です。強い風味が特徴の、古典的なトスカーナのサラミの製法通りに粗く刻まれ、風味豊かで伝統的なプロシュートトスカーナDOP。アプアンアルプスにて大理石の台の上で作られるコロンナータIGP。フェンネルの種で風味付けされ、赤ワインに浸された豚挽肉のフィノッキオーナ、等々が有名です。

ペコリーノ・トスカーノDOPは羊の全乳のみから作られる成熟度に応じて硬さの異なるチーズで、ソフトチーズまたはセミハードチーズです。このチーズの生産の起源はとても古く、ローマ時代にはすでにその名が知られていました。今日ではシエナ地方とピエンツァの町の田園地帯のものが最も有名です。

Tuscan cured meat and cheese

トスカーナはまた、とても大きくて丈夫な動物なことからもともと畑仕事にのみ使われていたキアニーナ牛でも有名です。今日ではキアニーナ牛は、残り火の上で料理されるとても高品質なリブステーキである典型的なフィオレンティーナステーキの材料として、脂肪が少ないながらも、美味しくて柔らかな肉を生み出す肉牛としてのみ育てられています。

チンタ・セネーゼPDOの豚は、古来からの素朴な品種であり、真っ黒な毛皮の中に見られる真っ白な輪が特徴的で、それが名前の由来となっています。

ゆるやかなトスカーナの丘陵地帯はオリーブの栽培に最適です。この地域には、IGPトスカーノオイルの他に、キャンティクラシコ、テッレ・ディ・シエナ、ルッカ、セッジャーノの4つのDOPが見られます。この地域のオイルは、濃い緑色、花の香り、そしてスパイシーな味わいで知られています。伝統的で素朴な料理にとても良く合うもので、グリルの上で焼いたパンの味を素晴らしく引き立てます。

Tuscan wine

トスカーナは世界中に知られたワインの産地で、特に赤ワインが有名です。キャンティDOCGを始めとして、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノやノービレ・ディ・モンテプルチャーノなど、サンジョベーゼ種のぶどうの特長を生かしたワインで知られています。

海岸近くでは、ボルゲリが最高品質のワインを提供している地域であり、ここでスーパートスカーナが生まれました。国際的ブドウ品種をブレンドし、イタリアのワインシーンにおいてその卓越した品質で知られています。また近年マレンマは、モレリーノ・ディ・スカンサーノを始めとしてますます高い評価を得ています。

トスカーナへの旅行を計画したくなったのではないでしょうか?まずはEATALYにて、トスカーナ地方の本物の味と出会ってみてはいかがでしょうか?